歌手

Uru『Love Song』の歌詞意味を解釈してみた!毎日を懸命に生きる人への応援歌(推しの王子様主題歌)

Uru『Love Song』歌詞意味解釈

Uruさんがニューシングル『Love Song』のリリース情報を発表。

それに伴い、2021年7月放送のドラマ「推しの王子様」の主題歌に決定した事も発表されました。

では、ドラマ「推しの王子様」の主題歌『Love Song』はどんな歌なのでしょうか?

Uruさんが歌う『Love Song』歌詞の意味について調べてみました!

Uru『Love Song』の歌詞意味を解釈してみた!

Uru

Uruさんニューシングル『Love Song』は、Uruさん本人が作詞・作曲し、ドラマ『推しの王子様』のために書き下ろされた楽曲です。

Uruさんがドラマの主題を務めるのは、2020年1月放送の日曜劇場『テセウスの船』での「あなたがいることで」以来。

「あなたがいることで」は、オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング1位を獲得し大ヒットとなりました。

Uruさんは、今回作詞作曲した『Love Song』に関し

脚本を何度も読み、自分の中にあるイメージが形になるまでこれでもかというほど何度も楽曲を作り、歌詞を書きました。

夢を追い一生懸命に過ごしてきた日々の中で、見失ってしまいそうになるものを気付かせてくれた人との出会い、仲間の存在、周りにいる大切な人への想いを、歌にして閉じ込めたつもりです。

“心の中に想う人がいる”ということに、なかなか素直になれずにいる方にも響いてくれたらいいなと思います。

と語っています。

推しの王子様

ドラマ「推しの王子様」の主人公は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長・日高泉美(比嘉愛未)。

泉美は、すべてを自分の理想通りに作り上げたケント様というキャラクターと恋に落ちるゲームを大ヒットさせることに成功し経営者に。

推しの王子様

そして、ある晩、ケント様そっくりな容姿の五十嵐航(渡邊圭祐)が文字通り“空から舞い降りてきたにより航と出会う。

しかし、航の中身はケント様とは違い残念すぎる王子様だった為、泉美は航を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を過ごしていくという物語。

このドラマの為に書き下ろされた『Love Song』は、ラブソングでありながら、毎日を懸命に生きる人への応援歌にもなっています!

推しの王子様

また、泉美と航、どちらの視点からでも聞くことができる楽曲にもなっているので、男女問わず心に響く歌詞になっているのではないでしょうか?

ミディアムテンポのラブソングの中に、優しさもあり、夏らしい湿度もあり、人と人が出会い日々を重ねていく事の喜びや希望を感じることができる曲になっているようです!

Uru『Love Song』をフルで聞きたい!楽曲(動画)は?

Uruさんの『Love Song』は、ドラマ「推しの王子様」の第一話で公開予定です!

また、2021年7月20日(火)「YOASOBIのオールナイトニッポンX 」にて『Love Song』のフルサイズが初解禁されるそうです!

Uru『Love Song』の発売日は?

Uruさんの『Love Song』のリリース情報について、未定のようなので情報がupされ次第追記していきます。



Uru『Love Song』の歌詞意味を解釈してみた!まとめ

Uruさんの『Love Song』は、ドラマ「推しの王子様」の為に、Uruさん自身が作詞作曲した楽曲です。

ただのラブソングではなく、毎日を懸命に生きる人への応援歌にもなっているようですので、聞くのが楽しみですね!