歌手

手嶌葵『ただいま』の歌詞を解釈してみた!切ない歌声が心に残る至極のバラード(天国と地獄主題歌)

手嶌葵さんが新曲のリリース情報を、2020年12月17日に公開!

それに伴い、2021年1月17日(日)から放送のドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」の主題歌に決定したことを発表しました!

2006年に映画「ゲド戦記」の劇中挿入歌『テルーの唄』でのデビューで話題となった、手嶌さん。

テレビドラマ主題歌を担当するのは、ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」での『明日への手紙』以降。

5年ぶりで2度目だそうです!

実は、「いつ恋」にも高橋一生さんが出演していたので、なんだか縁を感じますね。

手嶌さんの久しぶりのテレビドラマ主題歌、『ただいま』の歌詞の意味について調べてみました!

手嶌葵『ただいま』の歌詞意味は?

天国と地獄

番組の編成・プロデュース渡瀬さんはこの曲に関し、

魂が入れ替わった2人は、お互いの事をどう思うようになるのでしょうか。

目まぐるしく動いていく運命の先に待ち受けるのは、互いのことを深く知り過ぎてしまったからこその「愛」か、それとも、それぞれの場所に戻る「ただいま」か。

と語られています。

このドラマは

ドン詰まりな女性刑事に、自らの手で殺人事件の容疑者を逮捕するチャンスが到来!

しかし、そんな矢先に、なんと不運にもそのサイコパスな殺人鬼の男と魂が入れ替わってしまう・・・。

というところから物語が始まります。

「刑事と殺人鬼」という相反する2人の魂が入れ替わることを皮切りに、「善と悪」「女と男」が複雑に交錯。

天国と地獄

人生が逆転した2人の愛と運命が交差した様子を描くような、歌詞になっているようです。

また、ドラマが終盤に向かうにつれ、最終的に2人はそれぞれの場所「ただいま」と戻れるのか?

そんな内容の歌詞も含まれているので、タイトルが「ただいま」となっているのではないかと予測できますね。

『ただいま』をフルで聞きたい!楽曲(動画)は?

『ただいま』のMVはまだ公開されておらず、また番組公式の最新予告でもまだ聞くことができません。

情報が公開され次第、こちらはアップデート予定です。

『ただいま』の発売日は?

リリース日は未定だそうなので、情報が公開され次第アップデートします!

曲の情報

『ただいま』
作詞:いしわたり淳治(Superflyの『愛をこめて花束を』などを手掛ける)
作曲/編曲:村松崇継(スタジオジブリ作品の映画「思い出のマーニー」の音楽を担当)

主題歌『ただいま』に対するネットの声

皆さんドラマも主題歌も楽しみにされている方が、多いですね!



手嶌葵『ただいま』の歌詞意味を解釈してみた!まとめ

手嶌さんの『ただいま』は、実に5年ぶりで2度目となるテレビドラマの主題歌です。

テレビドラマ初主題歌となった「いつ恋」の『明日への手紙』も、とても素敵な切ないバラードでした。

今回も、手嶌さん独特の透明感のある至極のバラードのようなので、どうな風にドラマにマッチするのか?

楽しみですね!