ドラマ

【天国と地獄】本当の犯人は誰?怪しい3人について徹底考察してみた!

天国と地獄

2021年1月17日(日)21:00~放送がスタートしたドラマ『天国と地獄』。

物語が進むにつれ、このドラマの連続殺人犯の本当犯人が誰なのか?気になる人が多いようです。

今回は、ドラマ『天国と地獄』の本当の本人ではないかと思われる怪しい3人について、徹底考察してみました!

【天国と地獄】本当の犯人は誰?

①日高優菜(岸井ゆきの)

日高優菜

日高陽斗(高橋一生)の妹。

家を継がない兄の代わりに、日高家の跡継ぎ娘として生きることを受け入れている。

第4話で家族の話をしており、「それじゃあ、あれも覚えてない?」と階段から落ちて亡くなったお祖父さんの話をしていました。

わざわざこの話を持ち出してきたことに違和感を覚えた人も多く、”階段から落ちた”という点も彩子(綾瀬はるか)と日高が入れ替わったきかっけにもなった出来事と一緒。

この事から、妹の体におじいさんが、そして亡くなったおじいさんの中には妹が入り、殺人を犯していると予測し、妹が真犯人の可能性も浮上してきました。

②九十九聖(中尾明慶)

九十九聖

アメリカでの研究時代の元同僚、九十九聖(中尾明慶)。

九十九が語ったアメリカでの事件をきっかけに、日高が連続殺人犯の容疑者に浮上したことから怪しいとされています。

また、中尾明慶さん程の俳優さんが、第1話のちょい役で終わるはずないと考えている方も多く、怪しいのではないかとの声もありました。

第5話で再度九十九が出てくるシーンがあるため、注目ですね!

③八巻英雄(溝端淳平)

八巻

彩子(綾瀬はるか)の後輩でありバディである、八巻英雄(溝端淳平)。

最初に日高(高橋一生)を犯人と裏付ける証拠に、海外の容疑者事件を持ち出し日高を犯人にしたてあげた張本人でもあります。

②にでてきた九十九を紹介し、九十九から日高の話を聞くように仕向けたのも八巻。

その為、日高は犯人ではないかも?と予想される今、八巻が怪しいとの声も多いです。



【天国と地獄】本当の犯人は誰?まとめ

ドラマ『天国と地獄』の犯人で怪しいとされる3人は、①日高優菜(岸井ゆきの)、②九十九聖(中尾明慶)、③八巻英雄(溝端淳平)です。

個人的には、日高を容疑者に確定させる情報を提供した八巻が一番怪しい気がしますが、いかがでしょうか?

彩子(綾瀬はるか)が信用しているバディである八巻が裏切る展開となるのも、大どんでん返しで面白い展開になりそうですよね。