速報

【動画】南アフリカの暴動がウォーキングデッドみたいでヤバい!原因は何?

南アフリカでは2021年7月7日、ズマ前大統領が汚職疑惑に関連して収監されたことに抗議するデモが暴徒化。

それ以降、略奪や放火が横行しており、リアルウォーキングデッドのような光景が広がっています。

【動画】南アフリカの暴動がウォーキングデッドみたいでヤバい!

南アフリカでは、2021年7月7日から最大都市ヨハネスブルク近郊での暴動が、大変な事になっています。

このような状況になってしまった原因は何だったのでしょうか?



南アフリカの暴動の原因は何?

では、今回南アフリカで起きている暴動の原因は何なのでしょうか?

様々な原因があるようですが、主な原因とされるのは2つ。

1.前大統領の汚職疑惑
2.コロナによる失業率の高さ

まず、1つ目は前大統領の汚職疑惑。

ズマ

南アフリカのズマ前大統領は、在任中の汚職疑惑をめぐる取り調べを拒んだため、法廷侮辱罪で有罪を言い渡され、15カ月の禁錮刑に服す事となった。

ズマ前大統領は、南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)体制打破において並外れた役割を果たし、ネルソン以降4人目の大統領として議会制民主主義への移行に貢献。

その為、ズマ前大統領は今も南ア最大の民族集団ズールー人から高い支持を得ており、汚職疑惑に関連して収監されたことに抗議するデモが暴徒化と見られている。

そして、2つ目はコロナによる失業率の高さ

南アフリカ

南アフリカでは、新型コロナウイルス感染拡大を抑制するための経済・社会活動の厳しい制限で貧困が拡大し、失業者が増加。

このような社会的要因が原因となり、今回の暴動が起こったと見られています。



【動画】南アフリカの暴動がウォーキングデッドみたいでヤバい!まとめ

南アフリカでの暴動では、7月15日までに逮捕者は少なくとも1800人以上、死者は72人にのぼっています。

2万5000人の兵士などを動員して暴徒の鎮圧にあたるそうですが、一刻も早く通常の生活が戻ってくるといいですね。