ドラマ

【真犯人フラグ】ポスター左上は香里奈!?クレーマーのバタコがキーマンの可能性を検証!

ポスター左上は香里奈!?

2021年10月10日(日) 22:30~放送が始まった『真犯人フラグ』。

初回放送後から、ネット上では様々な考察が繰り広げられていますね。

真犯人が誰なのかが気になるところですが、ポスターの謎についても気になる事の1つですよね。

今回はポスターの左上の人物が誰なのかについて調査してみました!

【真犯人フラグ】ポスター左上は香里奈!?

真犯人フラグ

こちらが、話題になっているドラマ『真犯人フラグ』のポスターです。

出演者がズラッと並んでいる中、一番左上に黒く塗りつぶされていて、顔が明らかになっていない人物がいるのです!

この人物は誰なのかネットでは色々な声が上がっています。

ネットの声

ネット上では、男性だと横浜流星さん、女性だと香里奈さんなのでは?という声が多いようですが

中でも考察する人が多いのが、「左上の隠されている人物=木幡由美(こばたゆみ・通称バタコ)」ではないかという声です。

第一話から、毎回声だけ出演するバタコですが、この人物は公式HPでは誰が演じているのか明かされていません。

その為、バタコがポスター左上の人物ではないかと考えられるのです。

では、なぜ「バタコ=香里奈さん」と言われているのか、その理由を見ていきましょう!

バタコの声が香里奈の声と似ている!?

香里奈

『真犯人フラグ』で亀田運輸に毎回クレーム電話を掛けてくる人物が木幡由美(こばたゆみ・通称バタコ)です。

声だけの出演のため顔は明らかにはされていませんが、このクレーム電話は声の様子から女性ということが分かります。

また、このクレーム電話が掛かってきた声をよく聞いてみますと、女優の香里奈さんの声に似ているとの声が多く上がっています。

ネットの声

 

もしも、バタコ役が香里奈さんだった場合、声だけの出演で終わる可能性は低いのではないかと思われますので、今後重要な役で登場する可能性も考えられますよね。

また、毎話バタコが亀田運輸に電話をかけてきているので、今後バタコが物語のキーマンになっていく可能性も大いにあると考えられそうです。



【真犯人フラグ】クレーマーのバタコがキーマンの可能性を検証!

真犯人フラグ

主人公・凌介(西島秀俊)が働いている会社・亀田運輸にたびたびクレーム電話をする木幡由美(こばたゆみ・通称バタコ)。

第2話までは正体不明、かつ電話(声)でしか登場していませんが、今後のキーマンになる可能性があるのではないか?と予想されています。

そのポイントとなったのが、第1話でのバタコの電話の内容です。

話を簡単にまとめると以下の通りです。

18日:バタコが電話で『隣のマンションで配達員が台車使って運んでた。その音がうるさかった。』とクレームの電話。

2日後:冷凍保存された子供の遺体が主人公・凌介(西島秀俊)の元に届く(伝票に記載された発送日は18日

つまり、この冷凍保存された子供の遺体を送った犯人は、バタコの家の近くに住んでいるという事になります!

その為、今後もこのバタコのクレームの電話の内容が重要になり、バタコが物語のキーマンになる可能性が高いと考えられますよね。



【真犯人フラグ】ポスター左上は香里奈!?まとめ

『真犯人フラグ』第1話終了時点では、発表されている34名のキャストのうち、公式ポスターに映っているのは22名です。(左上の顔伏せ除く)

左上の人物を含めて映っていないキャスト12名の中に、家族失踪事件に関わっている人物がいる可能性がありますよね。

まだまだ数多くの伏線がありますので、第3話以降もどのような展開を迎えていくのか楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。