アスリート

笹生優花の英語が上手いのは二重国籍だったから!?東京オリンピックはどちらの国籍で出場?

笹生優花

史上2人目、10代でのメジャータイトル獲得となった笹生優花選手。

わずか19歳で全米女子オープン優勝を飾り、これが自身のメジャー初優勝ともなりました。

優勝時のインタビューを英語で答えていた笹生優花選手。

笹生優花選手が英語が得意な理由について調査してみました!

笹生優花の英語が上手いのは二重国籍だったから!?

笹生優花

2021年6月6日に、サンフランシスコのオリンピック・クラブで行われた全米女子オープン選手権で笹生優花選手は優勝を飾りました。

まずは、優勝後の笹生優花選手の英語でのインタビューをお聞きください。

インタビュアーとの間に通訳さんはいず、自らの英語で事得ているのが分かります。

家族に感謝を述べるときには、涙で言葉に詰まっているものの、 綺麗な英語を話していますよね。

また、こちらは別のインタビュー。

こちらでも綺麗な英語を話していますね!

実は、笹生優花選手はハーフ

父:日本人
母:フィリピン人

笹生優花

日本人の父・正和さんと、フィリピン人の母・フリッツィさんとの間にフィリピンで生まれ、5~8歳は日本で過ごしていたそうです。

その為、笹生優花選手は日本とフィリピンの二重国籍を持っています。

笹生優花選手が英語でのインタビューも得意とする理由は、日常生活で英語を使っているからなのかもしれませんね。

では、逆に笹生優花選手の日本語はどうなんでしょうか?

日本語のインタビューも問題なく、答えていますよね!

実は、笹生優花選手5か国語(日本語、英語、タガログ語、韓国語、タイ語)を話すマルチリンガルだそう。

幼少期から、米ツアー参戦を見据え、10歳の頃から練習後に3時間のレッスンを約3年間受け習得した、まさに努力の賜物!

その為、英語の日本語も綺麗に話すことが出来るんですね!すごいです!



笹生優花は東京オリンピックはどちらの国籍で出場?

笹生優花

笹生優花選手は、日本国籍も持っていますが初優勝を飾った全米オープンではフィリピンの選手としてプレーしていました。

また、東京オリンピックもフィリピン代表として出場する見込みが強いとの事です。

そのことに関し、笹生優花選手の父正和さんはこのように話しています。

「娘はオリンピックに出たいと言っているので、フィリピン代表で五輪に出てから、国籍で日本を選んでも

日本では22歳までに、どちらかの国籍を選択しなくてはならないので、2021年19歳現在の笹生優花選手はフィリピン代表として東京オリンピックに出場。

その後に、日本国籍を取得する可能性が高いのではないでしょうか?

笹生優花プロフィール

笹生優花
笹生優花選手のプロフィール

名前:笹生優花(さそうゆうか)
生年月日:2001年6月20日(19歳)(※2021年5月現在)
出身地:フィリピン
国籍:日本/フィリピン
出身校:代々木高等学校
身長・体重:166cm・63kg
血液型:B型
趣味:卓球
ゴルフ歴:8歳~
プロ転向:2020年1月1日JLPGA入会(92期生)
得意クラブ:ドライバー
ツアー通算:2勝(※2021年5月現在)
所属先:ICTSI

フィリピン生まれで5歳から8歳までを日本で過ごした笹生優花選手。

日本にやってきて、まだ日本語も理解できず友達があまりいなかった頃に、父親の練習についていったのが、ゴルフに触れるきっかけだった。

そして、小学校1年生の時に実際ボールを打ってみたところ、最初からうまく当たり筋がよかったのだと言う。

「宮里藍やポーラ・クリーマーのようになりたい」と願った笹生優花選手は、8歳のときに「プロになりたい!」と父・正和さんに嘆願。

そこで父・正和さんは、「プロになるためには環境の良い場所でゴルフをする必要がある」と、再びフィリピンの地で本格的にゴルフをはじめるように勧めたそうです。

ジャンボ尾崎

また、笹生優花選はジャンボ尾崎さんの門下生として知られています。

体育会系のジャンボ邸では、ジャンボ尾崎さんが認めた選手だけが邸内で練習することを許されているそう。

そこをなんと、見事に『1発合格!』をもらって、ジャンボ邸での練習には時折通っていると言われています

ジャンボ尾崎

ジャンボ尾崎さんが、笹生優花選手について聞かれた時に

「面白いね~。あの体の強さ。ヘッドスピード。女じゃないくらいだ。ウチの練習場の275ヤードのネットにちょっと風がフォローだったらキャリーで行くんだから。そうすると転がったら300行くんだからな。そりゃ(原)英莉花が頑張っても20ヤードはおいていかれる。あんなのがいるとは思わなかった」

と、男子顔負けの飛距離を持つ笹生優花選手の飛距離に、まずは太鼓判。

笹生優花選手が練習に来た当初に、ジャンボ尾崎さんがグリップを少し修正し、自身の使っていたドライバーを授けただけだそうです。

笹生優花選手には、生まれ持ったゴルフの才能があったとも言えそうですね。



笹生優花の英語が上手いのは二重国籍だったから!まとめ

笹生優花選手は、日本人の父親とフィリピン人の母親を持ちフィリピンで産まれた為、二重国籍を持っています。

日常生活で英語を使っているからなのか、英語も流暢で英語でのインタビューも綺麗な英語で答えていますね。

今後も活躍が楽しみな選手の1人です!

笹生優花の父親・笹生正和の職業は何?年収がすごいってホント?全米女子オープン選手権で初優勝し、優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)を獲得した笹生優花選手。 8歳でプロを目指し始めた笹生...
笹生優花
笹生優花の母親はフィリピン人!?家族構成についても調査!全米女子オープンで史上最年少優勝を飾った笹生優花選手。 優勝時には、父親である笹生正和さんと一緒にトロフィーを担ぐ写真が話題になっ...