速報

大宮立てこもり事件犯人(林一貴)は前科持ちだった!?立てこもりの動機は何?

立てこもり

2021年6月17日に発生したさいたま市大宮のインターネットカフェで、従業員の女性を人質に立てこもっていた事件。

事件は32時間が過ぎたところで、漸く犯人逮捕につながりました。

犯人逮捕と共に、犯人の氏名が公表されましたが、実はこの大宮立てこもり事件で逮捕された犯人は、前科持ちだったのでは?との噂がでています。

大宮立てこもり事件犯人(林一貴)は前科持ちだった!?

立てこもり

さいたま市大宮のネットカフェ「マンボープラス大宮西口店」で、従業員の女性を人質にとり30時間以上立てこもっていた今回の事件。

逮捕された犯人の名前は、林一貴容疑者(40)とみられる男。

この名前が公表される、ネットではこんなツイートが。

呟かれている内容をまとめてみると以下の通り。

2018年3月:自宅近くアパートで女性宅に侵入し生暴行未遂
2018年5月:町田市のマンションに侵入し帰宅した女性の頭をで殴り現金を奪おうとした疑い。
2010年2月:留置場内で架空投資詐欺で逮捕
2009年5月:詐欺で逮捕(詳細不明) 

今回の大宮立てこもり事件で逮捕された林一貴(40)とみられる容疑者に、前科があったかどうかは正式に発表されていません。

また、上記事件は同姓同名の赤の他人が犯人である可能性も否めません。

しかし、上記の事件が全て同一人物の犯行であった場合は恐ろしすぎますよね。

立てこもり事件で人質となった女性従業員の方は、怪我があったかはわからないそうですが、命に別状はなかったそうです。



大宮立てこもり事件犯人(林一貴)の立てこもりの動機は何?

立てこもり

大宮立てこもり事件の犯人林一貴容疑者は、立てこもり中特別な要求をしていた訳ではないようですが、立てこもりの動機はなんだったのでしょうか?

考えられる可能性は、以下の4つ。

・刑務所に入りたかった
・女性への暴行目的
・従業員女性のストーカー
・単なる人騒がせ目的

今のところ、林一貴容疑者の動機は分かっていません。

公表できない動機なのか、もしくは本当に何の動機もなく行われた事件だったのでしょうか。



大宮立てこもり事件犯人(林一貴)は前科持ちだった!?まとめ

さいたま市大宮のネットカフェ「マンボープラス大宮西口店」で、従業員の女性を人質にとり30時間以上立てこもっていた今回の事件。

逮捕された林一貴容疑者の名前が公表されるとネットでは、前科があるのでは?と話題になっていました。

続報があり次第、情報を追記していきます。