速報

野田聖子は即議員辞職すべき!?夫は元暴力団員と裁判所が認定

野田聖子

2021年4月21日東京地裁で、野田聖子元総務相(60)の夫・文信氏(54)が週刊新潮を訴えた裁判の判決が言い渡されました。

その判決は、「反社会的勢力」に属していたことを裁判所が認めるというもの。

これに対し、世間では野田聖子議員は即辞職すべきとの声が上がっています。

野田聖子は即議員辞職すべき!?

やはり、野田聖子さんの夫が現職でなく暴力団組員だとしても、このまま議員を続けるのには抵抗がる人が多いよう。

辞職をして欲しいとの意見が多く上がっています。

そもそも、この裁判の発端となったのは何だったのでしょうか?

野田聖子の夫は元暴力団員と裁判所が認定

 

ことの発端は2018年7月。

当時の安倍政権で総務大臣を務めていた野田氏の秘書が、文信氏と懇意にしていた仮想通貨事業者を同席させた場で、金融庁の担当者を呼びつけ“圧力”をかけたのではないかとの疑惑を朝日新聞(7月19日付)が報じたことがきっかけだった。

これを受け週刊新潮は、“圧力”の背景に文信氏の存在があると指摘し、暴力団に所属する構成員であった経歴を報じた。この記事を“事実無根”とする文信氏は、発行元である新潮社を相手取り、1100万円の損害賠償を求め東京地裁に訴えたのだ。(引用:デイリー新潮)

野田聖子さんの夫・文信氏が、元暴力団員だったと報じた週刊誌に、事実無根だと訴えていたそうですが、今回の裁判ではそれが真実だったと裁判所が認めたというもの。

これはかなり衝撃的なニュースですよね。



野田聖子は即議員辞職すべき!?まとめ

女性初の総理大臣を目指していた野田聖子さんですが、このスキャンダルにより夢は遠のきそうです。

この判決結果を受け、どのような対応を行うのか注目が集まりそうですね。