速報

紀州のドン・ファン元妻の殺害動機は遺産目当てではない?黒幕がいる可能性は?

ドンファン

資産家”紀州のドン・ファン”こと野崎幸助さんを殺害した容疑で、2021年4月28日に野崎さんの元妻である須藤早貴容疑者を逮捕。

この事件は2018年に起こった事件の為、3年経っての逮捕となりましたが、元妻の殺害動機は何だったのでしょうか?

紀州のドン・ファン元妻の殺害動機は遺産目当てではない?

元妻の殺害動機については、未だはっきりしていません。

順当に考えると、遺産目当てとも考えられますが、実は野崎さんは遺産について遺書にこう残していたのです。

紀州のドン・ファンの遺産は田辺市に全額寄付

2020年5月25日の読売新聞オンラインで、このような記事が。

野崎さんの遺産を巡っては、野崎さんの死後、本人が書いたとされる「全財産を田辺市に寄付する」との文書が見つかった。

市は昨年9月、文書に法的効力があると判断。少なくとも約13億2000万円にのぼるとされる遺産を寄付として受け入れる方針を明らかにした。(引用元:読売新聞オンライン)

その為、遺産が全て市に寄付されることを知らずに、遺産目当てで元妻が殺害してしまっていたなら、とても哀れな話でもありますよね。

野崎さんも、自分が遺産目当てで殺されると分かっていて、このような遺書を残していたならそれはそれで淋しいですね。

紀州のドン・ファン元妻に黒幕がいた可能性は?

もしも元妻が実際に殺害していたとなると、当時元妻は若干22歳。

22歳の女性1人で考えて殺害に実行できたのか?と首をかしげる人もちらほら。

その為、元妻の陰に黒幕がいてもおかしくないのでは?と考えられそうです。



紀州のドン・ファン元妻の殺害動機は遺産目当てではない?まとめ

紀州のドン・ファンこと野崎さんが死亡した事件により、元妻が殺人容疑で逮捕されました。

まだ、殺害動機については分かっていませんが、事件発生から3年後の逮捕となったので、証拠がしっかり集まったのでしょう。

これから色々な真相が明らかになるかもしれません。