速報

JOC幹部自殺の原因は何!?報道特集でのオリンピックの人権費に関する内部告発との関係は?

JOC

2021年6月7日朝に、都営地下鉄・浅草線の駅で人身事故が発生。

JOC(=日本オリンピック委員会)幹部の50代の男性職員による飛び込み自殺だと見られているそうです。

このJOC幹部職員による自殺の原因は何だったのでしょうか?

JOC幹部自殺の原因は何!?

JOC

東京オリンピックが46日後に迫った2021年6月7日。

JOC経理部長が、電車に飛び込み自殺したと見られています。

前代未聞のコロナ禍でのオリンピック開催に、強行開催を推し進めようとする国と世論には乖離があり、毎日その話題で持ちきりです。

そんな中に起こったJOC経理部長の自殺。

原因は何なのでしょう?

過重労働や鬱?

東京オリンピック開催まで、残り僅かとなったにも関わらず、問題は山積み。

働きづめだった可能性は否定できません。

板挟みのストレス?

オリンピック開催はIOCが決定する事項ですが、強行開催を推し進めようとする国に反対派の声は強まるばかり。

本来は、「平和の祭典」であるはずのオリンピックがどうなってしまうのかわからなこの状況に板挟みとなりストレスを抱えてしまった可能性もあります。

公にできない金の問題?

亡くなられたのが、JOCの経理部長という点で、何かお金絡みの問題があるのでは?と推測した人が多かったようですね。

竹中平蔵
竹中平蔵のオリンピック強行開催の姿勢はパソナ会長だから!?反対派をアホ呼ばわりし大炎上!2021年6月6日放送「そこまで言って委員会NP」に出演した竹中平蔵氏の発言が波紋を呼んでいます。 竹中平蔵氏は、オリンピック開催...



報道特集でのオリンピックの人権費に関する内部告発との関係は?

JOC

2021年6月5日放送の「報道特集」で特集された、東京オリンピックの人権費に関する内部告発。

この件は、今回のJOC幹部の自殺に関連があるのでしょうか?

「報道特集」で特集された内容は以下の通り。

東京オリンピック・パラリンピックの運営費の実態を組織委員会の現役職員が証言。
高額な報酬や”仲介料”が会場運営を委託された会社に流れるからくりを詳細に語った。

つまり、内部告発を行ったのは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の現役職員(=TOCOG)。

その為、今回の日本オリンピック委員会(=JOC)とはまた別の方の様ですね。



JOC幹部自殺の原因は何!?まとめ

JOC幹部の方が自殺された原因については、明らかにされていません。

遺書等がみつかり、それが公にならない限り、自殺の原因は明らかにされないままかもしれません。

亡くなられたJOC幹部の方のご冥福をお祈りいたします。