海外旅行

イタリア・フィレンツェへ旅行!初めてのフィレンツェでやってみた5つのこと

イタリア・フィレンツェ

イタリアには魅力的な都市が沢山あります。

ミラノ、ベネチア、フィレンツェ、ローマなど…。

その中でも、初イタリア旅行で私が訪れたのはフィレンツェ!

私が初イタリア・初フィレンツェでをやってみた5つのことを
お伝えしていきます!

初めてのイタリア・フィレンツェでした5つのこと

1.ドゥオーモを見に行った

イタリア・フィレンツェのシンボルである、ドゥオーモこと
サンタマリアデルフィオーレ大聖堂。

街の中心にそびえたち、とにかく周りは人だらけ。

でも、ずっと見ててもとにかく飽きないほど
魅力が溢れてます!

私は時間の関係から登れませんでしたが、
クーポラと呼ばれるドーム型の天井部分には
登ることもできるみたいなので、お時間に余裕のある方はぜひ!

映画「冷静と情熱の間」で見たあの景色を見ることができるはず!

ただ、ドゥオーモに登らなくても、ドゥオーモの周りには
レストラン、ジェラート屋さんなど色々なお店があるので、
レストランでご飯を食べながら眺めるだけでも十分楽しめます!

ドゥオーモドゥオーモ

2.美術館に行った

フィレンツェには沢山の美術館があります。

ウフィツィ美術館、アカデミア美術館、サンマルコ美術館など・・・。

その中でも、私はウフィツィ美術館を選び足を運びました。

なぜなら・・・あの超有名なヴィーナス誕生が展示されているから。

美術に詳しくな人でもきっと知ってるであろうヴィーナス誕生。

これ生で見てみたくないですか?

教科書で見ていた絵を、実際に自分の目で見てみると
やっぱり感動します。

ウフィツィ美術館ウフィツィ美術館

3.ピサの斜塔を見に行った

フィレンツェから電車で1時間程で行けるピサ。

ここに行ったただ1つの理由。

それは、有名なピサの斜塔を見るため!

これね、本当にかなり傾いてます!

世界各国から来たであろう観光客が、みーんなこぞって
ピサの斜塔を支えるポーズで写真を撮ってました。

ピサの斜塔を目の前にして、考えることは世界共通ですね(笑)

ピサの斜塔も登れますが、8歳以下の子供は不可との事

私は登りませんでしたが、上に登っていくと
すごく不思議な感覚になるそうですよ!

ピサの斜塔ピサの斜塔

4.ビステッカを食べた

ビステッカとはTボーンステーキのこと。

フィレンツェではとてもメジャーな食べ物で
大体どこのお店に行っても

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

というメニューがあります。

私はフィレンツェ中央市場のフードコートと
L’Osteria di Giovanni(ロステリア・ディ・ジョヴァンニ)
というレストランで食べました。

外はカリッと、中はミディアムレアの赤身のお肉は
とても柔らかくて美味しかったです!

もちろん、パスタやピザ、それにジェラートも美味しいのですが
フィレンツェにきたらビステッカも堪能してくださいね!

ビステッカビステッカ

5.THE MALLへ行った

フィレンツェにはグッチやフェラガモ、モンクレールなどの
ハイブランドばかりが集まるアウトレットがあります。

その名前が「THE MALL」

ここ、買い物好きにはたまりません!

アウトレット品なので、正規品よりもともと安いのですが
さらにセールをしていることもあったり。

私はMARNIの定価12万程するコートを3万で買いました!

掘り出し物が沢山見つかると思うので、
買い物好きな方にはぜひ行っていただきたい場所です。

セールセール

イタリア・フィレンツェに行ってみて・・・

イタリア・フィレンツェに行ってみて・・・

街の景色は絵画みたいだし、ご飯も美味しいし、
お得にお買い物もできるし最高でした!

東京から、フィレンツェは飛行機の直行便が飛んでないので、
往路はスイス乗り換え、復路はドイツ乗り換え。

空港の乗り継ぎだけではあるものの、
第三国にいった気分も味わえたことも
この旅の醍醐味になりました!

フォーシーズンズホテル フィレンツェフォーシーズンズホテル フィレンツェ

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・

往路の乗り換えで、飛行機の中に
某高級ブランドのハンドバックを
飛行機の頭上の荷物棚に忘れてきた私・・・。

ハンドバックなので、もちろん財布も、自宅の鍵もその中。

幸いにも携帯はポッケ、パスポートも別のカバンの中でしたが
気づいた時には後の祭り。

サーっと血の気が引きました。

スイスの空港職員に相談するも、乗り換えまで時間がないからと
イタリアについたら航空会社に問い合わせてと言われ、撃沈の中イタリアへ。

フィレンツェについてすぐに空港職員に相談するも、なんでスイスで
相談しなかったの?今乗ってる飛行機に忘れたんじゃないなら無理。

みたいなこと言われ、さらに撃沈。

HOTELについてコンシェルジュにバックを無くした経緯と
さっきのフィレンツェ空港での職員の話をしたら

「まさにそれがイタリアって感じだね!Welcome to Italy」

って言われました(笑)

結局、HOTELのコンシェルジュの方々がめちゃくちゃいい人で

スイスの空港に電話して無事に見つかりました。

無事に見つかったので、これもいい思い出になりました(笑)