アスリート

畑岡奈紗の母親が勤めていたゴルフ場はどこ!?家族構成も調査

畑岡奈紗選手

2016年日本女子オープンゴルフ選手権競技で初優勝以降、着々と活躍の場を広げている畑岡奈紗選手。

そんな畑岡奈紗選手がゴルフをはじめるきっかけとなったのは、母親がゴルフ場に勤めていたからだそう。

では、畑岡奈紗選手の母親が勤めていたゴルフ場はどこなのでしょうか?

畑岡奈紗の母親が勤めていたゴルフ場はどこ!?

畑岡奈紗

ゴルフ場に勤めていた母について行ったことがきっかけで、ゴルフを始めた畑岡奈紗選手。

畑岡奈紗選手の母・博美さんは茨城県笠間市の自宅近くにある「宍戸ヒルズカントリークラブ」で予約担当の社員として働いていたようです。

「宍戸ヒルズカントリークラブ」は、2003年から国内男子ツアーのメジャーメント「日本ゴルフツアー選手権」の舞台としても使用されています。

宍戸ヒルズカントリークラブ

母・博美さんは高校を卒業してからずっと「宍戸ヒルズカントリークラブ」で働いており、畑岡奈紗選手の出産で一時的に退職したものの、奈紗選手が1歳3ヶ月頃に復職。

畑岡奈紗選手は土日に時々「宍戸ヒルズカントリークラブ」の託児所に来ていたようで、7歳の時に初めてクラブを握ったのも「宍戸ヒルズカントリークラブ」だそうです。

畑岡奈紗選手の母・畑岡博美はどんな人?

畑岡奈紗

畑岡奈紗選手のお母さんは、元バレーボール部でゴルフも得意

ドライバーショットで220ヤードは飛ばす腕前で、ベストスコアは80!

畑岡奈紗選手のキャディーも務めますが、プレー中は後ろでニコニコ見守るだけで、決してスパルタ指導ではないよう。

畑岡奈紗

また、2017年に単身米国に乗り込んだ畑岡奈紗選手が、不慣れな転戦やホテル生活に苦悩し号泣しながら家族に電話をかけてきた時の事。

母・博美さんは悩んだ末に仕事を辞め、2018年4月から畑岡奈紗選手を支えるために渡米し、食事面や運転にもチャレンジし、娘をサポートしてきたそうです。

畑岡奈紗

そのおかげもあって、畑岡奈紗選手は2018年ウォルマートNWアーカンソー選手権で米ツアー初優勝!

やはり母は偉大ですよね!



畑岡奈紗の家族構成も調査

畑岡奈紗

次に、畑岡奈紗選手の家族構成について調べてみました!

父:仁一さん
母:博美さん
畑岡奈紗選手
妹:利安(りあん)さん

畑岡奈紗選手は4人家族で、3歳年下(2002年生まれ)の妹さんがいるようですね。

妹・利安(りあん)さんもゴルフをしていたようですが、プロゴルファーにはなっていないようです。

小学生時代は地元のゴルフジュニア選手権に出場していたようですが、現在はゴルフをされているかどうかも不明です。

畑岡奈紗選手の父親については、こちらに詳しく書いています。

畑岡奈紗の父親・畑岡仁一の職業は意外にもサラリーマン!?実はアスリートだった経歴も宮里藍の18歳110日を更新し、2017年に17歳271日で日本人史上最年少のプロ入りをした畑岡奈紗選手。 そんな畑岡奈紗選手の父...



畑岡奈紗の母親が勤めていたゴルフ場はどこ!?まとめ

畑岡奈紗選手の母・博美さんが勤めていたゴルフ場は、茨城県笠間市にある「宍戸ヒルズカントリークラブ」でした。

畑岡奈紗選手も小さい頃から練習に通っていた場所であり、国内男子ツアーのメジャーメント「日本ゴルフツアー選手権」の舞台としても使用されています。