俳優・女優

深田恭子の適応障害は雅子様と一緒!今後は復帰できない可能性も?

深田恭子

「適応障害」と診断され、当面の間休養することを発表した深田恭子さん。

深田恭子さんが診断された「適応障害」ですが、実はあの雅子様の長年患っていた病気なのです。

深田恭子の適応障害は雅子様と一緒!

深田恭子

深田恭子さんが当面の間休養することになった理由は、医師から「適応障害」と診断された為。

深田恭子さんが患っている「適応障害」、実は雅子様が長年患い苦しんでいた病気でもあるんです。

雅子様は2004年7月30日に適応障害である旨発表。

「当時の妃殿下のご病状の程度は,精神的・身体的エネルギーが低下されてお住まいからお出になることもできないほどに深刻なものでした。そうしたご病状に関しまして,東宮職医師団は,妃殿下の受けてこられたストレスが大きいことによるものと判断しました」

やはり、「適応障害」の原因はストレスで、雅子様はお世継ぎ問題のストレスで苦しめられたことなどが原因とされていました。

深田恭子さんも知らぬうちにストレスを抱え込んでいたのかもしれませんね。



深田恭子は今後は復帰できない可能性も?

深田恭子

長年『適応障害』を患っていた雅子様は、治療を必要とせず公務をこなせるようになるまで16年ほどの月日が必要だったよう。

雅子さま

雅子様は、一般人が皇室に入ると言うかなり特殊な状況に置かれた例でもある。

しかし、ストレスにさらされた状態からなかなか脱却出来ないと、病状も良くならないのがこの『適応障害』。

深田恭子さんの『適応障害』の原因がもし芸能界であった場合は、このまま復帰するのは難しいとの見方もあるのではないでしょうか?

深田恭子がなった『適応障害』ってどんな病気?

そもそも、深田恭子さんや雅子様が患った「適応障害」とはどのような病気なのでしょうか?

深田恭子

Yahooコメント欄に記載している、精神科医の井上智介先生の説明によると

適応障害とは、ある特定の状況や環境が、自分にとって非常にストレスフルで、そのストレスが自分が耐えうるキャパを超えてしまい、その結果として「落ち込みやすいなどの気分の変化」や「布団で横になる時間が増えるなど行動面」に症状が出て、日常生活に影響が出る疾患

だそう。

ちなみに、『5月病』も『適応障害』が正式な診断名にあたるようです。

深田恭子さんの休養公表を受け、世間ではこんな声が。

世間の声

実は同じように『適用障害』を過去に患ったことがある人がかなり多いようです。

ストレスが引き金となって患う病気なので、誰でも患う可能性があると言えることでしょう。



深田恭子の適応障害は雅子様と一緒!まとめ

深田恭子さんが患っている『適応障害』は、過去に雅子様を苦しめた病気でもありました。

とにかくゆっくり休養して、またお茶の間に元気な姿を見せてくれる日がくるといいですね!