速報

Eテレ売却で止まらぬ批判!人気番組はこれからどうなる?

NHKが受信料の聴取をさらに強化し、テレビを持っているのに受信契約に応じない世帯に“罰金”を課す方針を打ち出しました。

そうした中、菅義偉首相のブレーンの中の1人、内閣官房参与に起用された高橋洋一・嘉悦大学教授が大胆なNHK改革案を提案し、その提案について批判が殺到してます。

大胆なNHK改革案とはEテレの売却!

高橋氏の大胆なNHK改革案とは以下の通り。
いま若い世代を中心にテレビを持たない人が多く、すでに映像はスマホやタブレットで見る時代になっている
これから、どんどんその傾向は強くなっていきます。そうした時代にあって、NHKが経営資源を無駄にしているのがEテレです全国放送で広い周波数帯を使い、同じ時間帯に原則1番組しか放送できないのに、視聴率が低い。電波という公共資源が有効活用されていない。

そこでEテレのチャンネル(周波数帯)を売却して携帯(通信)用に利用すれば、通話だけではなく、もっと多種多様の映像コンテンツを同時に配信できるEテレが占有していた電波の一部を政府のデジタル庁が使えば、確定申告などのサービスにも利用できる。

引用:yahooニュース

しかし、これに対し世間からは非難が殺到。

ネットの声

人気番組はこれからどうなる?

Eテレにはたくさんの人気番組があります。

ざっと、ネットであがった声を好きな番組を集めると

・デザイン「あ」

・にほんごであそば

・かまりき先生

・ピタゴラスイッチ

・おかあさんといっしょ

実は子育て世代からは絶大な人気を誇る番組が多く、子供の為にとTVをつけたものの親も一緒に楽しめる番組も数多く存在してます。

では、Eテレが売却されたらこれらの番組はどうなるのか?

高橋氏はこのようにも話しています。

NHKはEテレにはいい番組があるというかもしれないが、それなら政府がそれを買って配信すればいいNHKは国会の予算委員会の一部だけテレビ中継しているが、国はすでに国会中継を全部ネットでライブ配信しているわけです。

これほど技術革新が進んでいるのに、視聴率が低い番組をわざわざ電波を占有して放送する発想は時代錯Eテレの電波を通信に再分配したほうが公共のためになるし、NHKの膨張にも歯止めをかけることができる。

引用:yahooニュース

しかしこれに対してはこんな意見も。


Eテレが売却され、ネットで人気番組が配信されるのであっても困るとの意見が多い様です。

 

Eテレ売却で人気番組はどうなる?のまとめ

私自身も子育て中のみでEテレに助けられたうちの1人なので、最初にこのニュースを見たときはびっくりしました。

ただし、Eテレの価値が低いから売却といっているわけではなく、視聴率の低いEテレを売却する事によって、電波という公共資源が有効活用されると言う点につきもっと分かりやすく納得できる説明があれば、賛成する声も増えてくるのではないでしょうか。