ドラマ

【ドラゴン桜2】桜木先生にメールを送ったのは誰!?学園売却計画の陰謀メンバーを調査

ドラゴン桜2

2021年6月6日(日)21:00から放送された日曜劇場『ドラゴン桜』(ドラゴン桜2)の第7話。

受けとったメールのファイルから、学園売却の陰謀が隠されている事を知る桜木先生(阿部寛)。

このメールを桜木先生に送ったのは誰なのか?調査してみました。

【ドラゴン桜2】桜木先生にメールを送ったのは誰!?

ドラゴン桜2

桜木先生が受け取ったメールで、先代理事長・恭二郎(木場勝己)による久美子(江口のりこ)の理事長退任と学園売却計画を知ることに。

ドラゴン桜2

学園売却の内容は、東大合格者が5人出たら学園は売却されるというもの。

では、学園売却計画側からするとて敵であるはずの桜木先生に、メールを送ったのは誰なのでしょうか?

誰が桜木先生の手助けをしているのか、気になるようですね。



【ドラゴン桜2】学園売却計画の陰謀メンバーを調査

学園売却計画を知るのは、学園売却計画の陰謀に携わっているメンバーのみ。

ですが、その中に桜木先生のメールをおくり助けになろうとしている人物がいるよう。

では、その人物は一体誰なのか?

米山圭太(佐野勇斗)説

ドラゴン桜2

まず、1人目は佐野勇斗さん演じる米山説。

米山は、桜木先生の元教え子で東大を目指すも受験に失敗し自殺未遂を起こし、桜木先生を恨んでいるという設定。

但し、実際にはやはり桜木先生の役に立つような役回りになるのでは?と想像する人が多いようです。

坂本智之(林遣都)説

ドラゴン桜2

2人目は、林遣都さん演じる坂本社長。

龍山高校で水野(長澤まさみ)の1個下の後輩で、東大に行っている。

今までは、米山(佐野勇斗)と共に、桜木先生に恨みを持っているような設定でしたが、やはり味方になるのか?と想像する人が多いようです。

岸本香(早霞せいな)

ドラゴン桜2

桜木弁護士事務所のNo.2で、桜木先生がもっとも信頼している弁護士が岸本弁護士。

桜木先生が信頼を置いてるだけに、桜木先生の助けになる可能性も高いですよね。



【ドラゴン桜2】桜木先生にメールを送ったのは誰!?まとめ

『ドラゴン桜2』第7話では、裏で進んでいた学園売却計画を桜木先生が知ることに。

その匿名のメールを送った人は誰だったのでしょうか?

第8話も気になりますね!

『ドラゴン桜2』も残り3話のみ!

日曜劇場『ドラコン桜』を第一話から見返したい人は、Paraviで見ることが出来ますよ!

Paraviでドラゴン桜を見る