速報

完結しない可能性がある漫画は?ベルセルク未完で次に心配なのはハンターハンターと話題に!

ベルセルク

漫画『ベルセルク』の作者である三浦健太郎先生の訃報が報じられ、悲しみの声が多く上がっています。

『ベルセルク』は1989年から連載を開始し、2021年現在迄に未完のまま作者の三浦先生が亡くなってしまいました。

もともと超大作だった為、完結するのか心配されていた漫画でもありましたが、残念ながら三浦先生の早逝により未完に。

『ベルセルク』が未完で終わってしまったことにより、他にも完結しない可能性がある漫画はあるのか調べてみました!

完結しない可能性がある漫画は?

バガボンド、ガラスの仮面、ドリフターズ、強殖装甲ガイバーなど、未完を心配する漫画は他にもたくさんあるようですね。



ベルセルク未完で次に心配なのはハンターハンターと話題に!

実は、『ベルセルク』は、最新刊40巻を2018年9月に発売して以降、次巻の41巻は「発売未定」となっていました。

これほど休載が多いのは、作品の魅力である緻密な描きこみが原因とも言われています。

HUNTER×HUNTER

そして、同様に未完が心配される『HUNTER×HUNTER』。

1998年に「週刊少年ジャンプ」で連載をスタートしましたが、2年目の時点ですでに3割ほどの休載。

現時点でも2018年12月から休載が続いており、本作における最長の休載記録を更新している状態。

休載の原因としては、腰痛や精神的な問題、完璧主義者だから、ゲームにハマったから、など、さまざまな理由がささやかれています。

『HUNTER×HUNTER』は連載が再開されると、ネットニュースやSNSが「お祭り状態」に。

それだけ人気があるという事でもあるので、『ベルセルク』と同様に未完のまま終わりを迎えることを望まないファンが多いようです。



まとめ

『ベルセルク』の作者三浦健太郎先生の死去で、現在長期休載中の『HUNTER×HUNTER』についても完成するのか心配する声が上がっています。

作者が亡くなったが為に結末が見れずに漫画の連載が終わってしまうのは、あまりにも悲しいですよね。

三浦健太郎先生のご冥福をお祈りいたします。