歌手

back number『怪盗』の歌詞意味を解釈してみた!春にふさわしいラブソング(恋はDeepに主題歌)

back number

back numberが新曲『怪盗』のリリース情報を2021年3月30日に発表。

それに伴い、2021年4月放送のドラマ「恋はDeepに」の主題歌に決定した事を公表しました!

back numberが石原さとみさん主演ドラマの主題歌を担当するのは、2015年の「5→9〜私に恋したお坊さん〜」の「クリスマスソング」以来2度目。

そんなドラマ「恋はDeep」の主題歌『怪盗』の歌詞の意味について調べてみました!

back number『怪盗』の歌詞の意味は?

back number

back numberの清水依与吏さんはこの曲に関し、

自分達がどんなバンドかは一旦置いて、何よりもこの物語の横で生まれてきた楽曲がどんな顔をしていてどんな服が似合うのかそれだけをとにかく考える、本来back numberが大事に重ねてきた作業にもう一度立ち返れたように感じています。

ひとすじ縄では行かなそうな海音と倫太郎に起こるドラマと、この曲の中の2人のドラマがどう出会い、どう交差し、どう成長していくのか、とても楽しみにしています。

と語っています。

ドラマにぴったりな曲を、ドラマの為に書き下ろしたことが分かりますね!

恋はDeepに

このドラマは、海を愛する海洋学者の渚海音(石原さとみ)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司、蓮田倫太郎(綾野剛)が主人公。

海を守りたい海音と、マリンリゾート開発に人生をかける倫太郎が巨大マリンリゾート開発を巡り出会い、対立する立場ながらやがて恋に落ちる。

しかし、海音には前代未聞の【ヒミツ】があり、数々の問題を乗り越えながらも、愛を深めていくという王道のラブストーリーになっています。

石原さとみさんはこの曲を聞いて、

初めて聴いた時はとても明るく軽快で、年齢問わず口ずさめる楽曲だと思いました。

ですが、ドラマの撮影がどんどん進んでいる今、この歌を聴くと、明るい曲のはずなのに切なさが増してきて泣きそうになります。

初めて聴いた時と、今とでは明らかに歌詞の捉え方も変わってきています。

back numberの皆様、春にふさわしい曲をありがとうございます!

と話されています。

また、綾野剛さんも

魅力的な主題歌が生まれました。

この「怪盗」に包まれてドラマをお届けできるなら、どこまでも駆け抜ける事ができると直感で思いました。

誰かが誰かを愛おしいと思う気持ちは人種を遥かに超えて世界を変える事ができる。

歌詞や音色からたくさんの勇気を頂きました。新たな物語の号砲がいよいよ奏でられます。

地上で一番Deepな恋「恋はDeepに」開幕です。お楽しみに。

と語られています。

2人のインタビューから、この曲には2つの側面があるようです。

1つ目は、春らしく、明るく軽快で、キャッチーなラブソングの側面。

恋をして、それまでと同じはずの世界が急にきらきらと輝きだすように、誰かを愛しく思うからこそ見える景色が浮かんでくるような歌詞になっていると予想できますね!

2つ目は、恋に対する応援歌になっている側面。

王道なラブストーリーなので、甘いラブソングになっているかと思きや、切なさが増してきて泣きそうになったり、たくさんの勇気をもらえるような歌詞になっているよう。

誰かが誰かを愛おしいと思う気持ちは人種を遥かに超えて世界を変える事ができるんだ、という事を伝える、応援歌のような役割も果たしていると予想できます!

back number『怪盗』をフルで聞きたい!楽曲(動画)は?

back numberの『怪盗』のMVはまだ公開されていません。

主題歌になっているドラマ「恋はDeepに」の番組公式の最新予告で少しだけ聞くことが出来ます!

どうでしたか?

確かに耳に残りやすい、キャッチーな楽曲になっていますよね!

back number『怪盗』の発売日は?

back numberの『怪盗』のリリース日は未定だそうなので、情報が公開され次第アップデートしていきます!



back number『怪盗』の歌詞意味を解釈してみた!まとめ

『怪盗』は、back numberが、ドラマ「恋はDeepに」に合うように作成した楽曲のようです。

春らしく、明るく軽快で、キャッチーなラブソングでありながら、たくさんの勇気をもらえるような応援歌の一面もあるそう。

曲の全貌が公開されるのが楽しみですね!